相談員FPブログ

お知らせ

勤務年数が長いのに、厚生年金が少ない

国民年金の期間に加えて、
厚生年金の期間もある場合、
1階部分の国民年金に加えて、
2階部分の厚生年金も受給できます。

国民年金や厚生年金を
10年以上納付することで
65歳以降の公的年金を
受給することができます。

また、生年月日と性別、
厚生年金の加入状況によって、
65歳よりも早く年金がもらえることもあります。

50歳代の方の年金額は、
最新の「ねんきん定期便」や「ねんきん特別便」
をみれば、わかります。

しかし、この「ねんきん定期便」などをみても
年金額が思ったより少ない場合があります。
色々な事例がありますが、
企業年金に加入していたことが原因であることも。

企業年金に加入していた場合、
企業年金部分は「ねんきん定期便」に反映されていません。
厚生年金に加入していたのに、
厚生年金が少ない場合、
厚生年金基金に加入していることもあります。

「ねんきん特別便」や「ねんきんネット」で
確認すると判明します。

なお、厚生年金や国民年金は、
年金事務所で手続きが出来ます。
一方、厚生年金基金は、
各企業の年金基金や企業年金連合会(0570-02-2666)
に連絡しましょう。

生活の窓口では、年金などの相談も承っています。
お気軽にお問い合わせください。

東京都千代田区一ツ橋1-1-1 毎日新聞社東京本社1階
03-3212-0861  (月~金 10時~17時)
https://seikatsunomadomainichitokyo.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!