相談員FPブログ

お知らせ

【相談事例】年金が、満額もらえないので増やしたい。

年金が少なく、将来に不安のあるご相談者の方が
来店されました。

相談の際に、ねんきん定期便を
お持ちいただいており、将来のことも
年金額も確認できました。

ご相談者の方は、50歳を過ぎていることもあり
ねんきん定期便は、見込み額が記載されています。
(50歳を過ぎると、現在の給与が60歳まで
続いた場合で計算した年金額が記載されています)

ねんきん定期便を拝見すると、
65歳以降の年金額は、
老齢厚生年金と老齢基礎年金の
2階建てになっています。

老齢厚生年金は、
働いた期間と給与等によって計算された金額に
なっており、働いた期間や給与額が高ければ、
年金額も多くなってきます。

老齢基礎年金(国民年金部分)は、
20歳~60歳までに公的年金に加入した期間
(納付や免除した期間)に応じて、
計算されます。

今回の相談者さまは現在、正社員ですが、
正社員になる前に国民年金に
加入してない期間があるそうです。

今後、60歳まで正社員として厚生年金に
加入した場合、
65歳からの老齢基礎年金(国民年金部分)は
約68万円となっています
(別途、厚生年金はもらえます)。

しかし、満額の金額よりも10万円近く
少ない状況です。

老後の年金を増やす方法として、
60歳以降も働き、厚生年金に加入することで
老後の年金を増やすこともできます。

また、60歳以降働かない場合に
国民年金に任意加入をすることで、
保険料負担はありますが、
老齢基礎年金(国民年金部分)を
増やすこともできます。

今後の状況も一緒に考えましょう。

老後のライフプランや年金についての相談も
生活の窓口でご相談ください。

少しでも早いほうが、いろいろな手段を
選ぶことができます。

ご相談は無料です。

東京都千代田区一ツ橋1-1-1 毎日新聞社東京本社1階
03-3212-0861  (月~金 10時~17時)
https://seikatsunomadomainichitokyo.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!