セミナー・イベント

【10/7(月)9日(水)10日(木)11(金)】 ミニセミナー「終活の基礎」シリーズ

10月のセミナーは「終活の基礎」シリーズです。

「家族が困らないように」と思っていても、何から始めていいかわからない方にオススメです。老後資金、エンディングノート、身元保証など、あらゆる分野の終活の基礎を学べます。

各回20名様をご招待しますので、お気軽にお申し込みください。お一人様一つを選び、お申し込みください。

会場:東京都千代田区一ツ橋1-1-1 毎日新聞社東京本社
(東京メトロ東西線竹橋駅1b出口)
※詳細は参加証にてご案内します。

プログラム概要

(1)令和時代の相続を考える

日程: 2019年10月7日(月)
時間: 13時30分~14時30分
場所: 毎日新聞社東京本社ビル
講師: 津曲 巖(msfp株式会社取締役CFP)
参加費:無料

相続税軽減策や遺産分割に役立つ知恵、失敗しない生命保険活用術、得する資産圧縮・生前贈与などをテーマにマネーセミナーを開催します。親が高齢でそろそろ相続のことを考えなければと思いつつ、何をすればいいのか分からないという方、具体的な検討を始めているが専門家の意見を聞きたいという方にオススメです。

(3)家の片付け・仕分け術

日程: 2019年10月9日(水)
時間: 13時30分~14時30分
場所: 毎日新聞社東京本社ビル
講師: 大村 純子(ライフオーガナイザー)
参加費:500円


モノを減らすことができないから片付けられない――。そんな方に朗報です。片付けの極意は「捨てること」ではなく、「暮らしやすいように整えること」。とくに年齢を重ねると判断力が低下してきて片付けがついつい億劫になるものです。本当に大事なモノが分かり易く、本当に必要なモノを安全に使えるようにする片付けをワークショップ形式で考えます。

(4)エンディングノート実践偏

日程: 2019年10月10日(木) (※この日のみ午前です)
時間: 10時00分~12時00分
場所: 毎日新聞社東京本社ビル
講師: 小番 一弘(一般社団法人シニアライフサポート協会代表理事)

参加費:(テキスト代)500円
テキスト代: 500円(「私と家族の100年ライフ見える化ノート」代として。※当日お釣りのないようにご用意ください)

あとを継ぐ家族の負担を軽くするためのエンディングノートですが、いざ書き始めるとなかなか骨が折れるものです。そんなあなたに、人生100年時代を生き抜く知恵と勇気が沸いてきて、エンディングノートにつながる「私と家族の100年ライフ見える化ノート」を使ったワークショップセミナーをお届けします。

(5)相続の基礎

日程: 2019年10月11日(金)
時間: 13時30分~14時30分
場所: 毎日新聞社東京本社ビル
講師: 宮 真紀子(毎日新聞ライフコンシェルジュ生活の窓口相談員、CFP)

参加費:無料

あとを継ぐ家族へ財産を託す遺言書にまつわる法制度が続々と変更されています。遺言書は書式や手続きを誤ると効力を生じず、家族に負担をかけることにもなりますので、細心の注意が必要です。参加無料。

募集人数

各回20人(抽選)

ご応募の必要事項

・代表者のお名前
・電話番号
・郵便番号
・ご住所
・参加人数
・興味のある内容(セミナー番号、タイトル、参加の理由)

応募方法

抽選。

インターネットでご応募ください。
応募者多数の場合は抽選となります。当選者のみ参加証を発送します。

【インターネット】

お申し込みフォームから必要事項を入力してください。
(※当サイトではサイボウズ社のkintoneシステムを利用しています)

お問い合わせ

【電話】 03-3212-0861(平日10時~17時)
FAX】 03-3212-0868(24時間OK)
E-mail】 seminar@mainichi.co.jp(24時間OK)
【郵送】 〒100-8051 東京都千代田区一ツ橋1-1-1
毎日新聞社「生活の窓口」セミナー係

応募締切

2019/9/27(金)
以降、当選者のみ参加証を発送します。

(※落選の方には通知しませんので、何卒ご了承ください。)

当日の受付

セミナー開始時間10分前に毎日新聞社東京本社ビル(パレスサイドビル)1階東コア奥の生活の窓口までお越しください。スタッフが受付し、案内します。時間に合わせてお越しください。

ご相談・お問い合わせ
簡易版ライフプランシミュレーション
メールマガジン